フェミニンな雰囲気を醸し出す、セクシー系熟女アイドル「未来 美麗」は、美しいロングヘアーと妖艶な雰囲気を武器にリアルな世界での活動も見据え、オリジナルグッズなども販売していく。

神楽坂で味わう贅沢な本格江戸前鮨  最高評点獲得ワイン「あさつゆ」付きのコースを期間限定で提供 ~宝石と異名を持つ「白海老とキャビア」など、旬の食材を堪能~

5周年を迎えた「神楽坂 鮨 りん」では、本格江戸前鮨とKENZO ESTATE全米NO.1ソーヴィニヨン・ブラン『あさつゆ asatsuyu』の人気コラボコース「神楽坂コース(一人16,000円/税込)」を、2018年6月末までの期間限定で提供いたします。(2名様以上、偶数の人数でご予約いただくことが可能です。)

今回のコースの目玉は、どちらも宝石と異名を持つ「白海老とキャビア」、肉厚で脂がのった「鰈」、甲羅にほぐし身を詰めた「毛蟹」の3つ。コース内容は、先付2~3品、一品料理、10貫のにぎりと巻物に『あさつゆ asatsuyu』のハーフボトルが付いたコースで2時間から2時間半くらいかけてゆっくりお酒やつまみ、にぎりを楽しむことができます。

■「神楽坂コース」について
KENZO ESTATE(ケンゾー エステイト)の『あさつゆ asatsuyu(※)』に合わせて、江戸前鮨の伝統を受け継いだ鮨職人が、洋食では味わえない和の繊細な技術で“いかに美味しくワインとの相乗効果を楽しめるか”を追究したコースです。
先付(2~3品)
「鰈」は、肉厚で脂がのった白身で淡泊でありながらしっかりとした旨みが広がります。

旬の一品料理
特に今が旬の透き通った美しさから宝石と呼ばれる富山県産「白海老」は、程良い塩味のきいた「キャビア」を合せることにより、口の中でバランス良くとろけ合う極上の味わいを楽しめます。さらに『あさつゆ asatsuyu』を口に含んだ時のマリアージュは、また違った発見も愉しみの一つです。
甲羅にほぐし身を詰めた北海道産「毛蟹」は、爪と胴部分とで異なる食感を味わえるよう“2層”にした蟹を、こだわりの2種ソース(蟹味噌・蟹酢)に付けて楽しめます。海外ではシャンパンと甲殻類との組合せが定番として愛されているように、蟹が『あさつゆ asatsuyu』の味香りによく合います。
神楽坂コースを食した人は「旬ならではの甘味を感じる毛蟹とのマリアージュは、『あさつゆ asatsuyu』の清涼感と芳醇な余韻を長く楽しめる。お互いの良さを邪魔しないベストマッチな味わいは、計算された職人の繊細な技があってこそ。」と語ります。

※『あさつゆ asatsuyu』とは
<全世界1,300万人のワイン愛好家が選ぶ最高評点獲得ワイン>
2016年、世界1,300万人のワイン愛好家たちが選ぶ「Vivino’s 2016 Wine Style Awards」カリフォルニアソーヴィニヨン・ブラン部門に「あさつゆ」が選出され、栄えある金賞(最高評価)を受賞。トロピカルシトラスの爽やかな印象を与えながら、セイヨウスグリやメロンのような果実の香りがスイカズラの華やかな香りと交じり合い、注いだグラスを活気づけます。口中には、桃や洋梨、ライチにも似た果実の味わいが重なり合い、溌剌とした爽快感を愉しむことができる。
( http://www.kenzoestate.jp/news/20160627.php )

■コース詳細
◇先付 2~3品(「鰈」など)
◇一品料理(「白海老とキャビア」や「毛蟹」など)
◇10貫の握り
◇巻物
◇『あさつゆasatsuyu』のハーフボトル

■『神楽坂 鮨 りん』について
数寄屋風の落ち着いた店内は、今では素材を確保するのも難しい“長さ6mの美しい国産檜一枚板”を使用したL字型カウンターが圧倒的な存在感を放ち、大切な人と特別な時間を過ごすことができます。6名テーブル席の完全個室有り。
同店は2018年3月末に5周年という節目を迎え、神楽坂という土地にあって老舗や人気店が軒を連ねる中、ここ数年予約を取ることが非常に困難な店の一つとしてささやかれています。「神楽坂コース」ならびに通常利用時にも予約はほぼ必須です。

<白酢・赤酢の舎利をネタに合わせて使い分ける!名物・2種類の玉子焼き>
旬のネタの味の濃淡に合わせて、淡白なものには白酢、濃厚なものには赤酢といった酢飯の使い分け、風味の違いを楽しめます。厚焼き玉子とだし巻き卵の2種類の玉子焼きといったこだわりも、開店以来根強い人気です。

<“見えない部分”にまでこだわった空間づくり>
おもてなしの心は料理だけではありません。趣ある備前焼の器や一輪挿しがさりげなく空間に温かみを添え、よりお客様に快適に過ごしていただけるようカウンターの足元には床暖設備や直接風が当たらない空調設備を備えました。
2名~6名様までご利用可能な完全個室は、黒を基調にしたモダンで落ち着いた雰囲気が重要な接待や大切なシーンでも、ここぞという時の切り札になる神楽坂の隠れ家です。

『神楽坂 鮨 りん』(美食のレストラン – KENZO ESTATE)
http://kenzoestate.jp/restaurant/jap/restaurant-2558.html

おすすめ
記事がありません