フェミニンな雰囲気を醸し出す、セクシー系熟女アイドル「未来 美麗」は、美しいロングヘアーと妖艶な雰囲気を武器にリアルな世界での活動も見据え、オリジナルグッズなども販売していく。

カッコよさって?テレビ朝日系オーディション番組「ラストアイドル」から生まれたアイドルプロジェクト・ラストアイドルが、4thシングル「Everything will be all right」を10月24日にリリースした。

デビューできるメンバーの座を個々で争ったファーストシーズンを経て、シングルの表題曲を歌う権利をかけたユニットバトルを展開してきたラストアイドル。そして今回、AbemaTV「ラストアイドル in AbemaTV」で行われたバトルの末に勝利をつかんだのが、ラストアイドルのデビューシングル「バンドワゴン」の歌唱グループでもあるLaLuceだ。

「Everything will be all right」は後藤次利がプロデュースを手がけた、スケール感あるアップチューン。LaLuceらしいパワフルでダイナミックなダンスも見どころの1つだ。音楽ナタリーでは今回、楽曲のテーマである「カッコよさ」や、バトルを通じて経験した挫折と栄光など、5つのテーマについてメンバーに意見を交わしてもらった。

安田愛里 なるほど。私がカッコいいなと感じる人って、やっぱり皆さん、ほかの人から尊敬されているんですよね。だから、カッコいい=人から尊敬されるっていうのは言えるかもしれないな。私自身も俳優さんとかアーティストさんで尊敬している方はたくさんいますし。それに自分自身がアイドルになってから、「今まで活躍されていたアイドルの方ってすごかったんだな」って改めて気づいた部分も多いんですよ。AKB48さん、乃木坂46さん……そういった方たちをリスペクトする気持ちが増すと同時に、自分はまだまだだなって反省する部分も出てきました。いつかは私もほかの人から尊敬されるような、カッコいいアイドルになりたいって思いますね。

大石夏摘 うーん、そう考えるとカッコいいっていろんなパターンがありますよね。私は、めげない人がカッコいいなって思う。1回気持ちが落ちても、そこで決して心が折れない人。なんて言えばいいだろうな……。具体的には愛里ちゃんみたいな人のことだよ。でも、これは本当のこと。Abema(AbemaTVで放送されたラストアイドルのプロデューサーバトル第2弾「ラストアイドル in AbemaTV」)の生放送のとき、愛里ちゃんが沈んじゃったことがあるんですよ。

鈴木遥夏 「かわいい」ことも「カッコいい」ということか……。弱みを見せない人がカッコいいと私は思います。どんなことがあっても、ステージ上では100%出し切る姿勢。自分がアイドルになる前、夢みるアドレセンスさんのライブを観てものすごく感動したことがあるんですよ。「もう本当に最高!」とか思って。ところがあのとき、志田友美さんが39度台の高熱を出して、注射を打ちながらステージに立っていたことをあとから知って、ビックリしたんですよね。というのは、全然そんなことを感じさせなかったから。「これがプロの世界か……」っていう驚きがあったんです。

おすすめ
記事がありません