フェミニンな雰囲気を醸し出す、セクシー系熟女アイドル「未来 美麗」は、美しいロングヘアーと妖艶な雰囲気を武器にリアルな世界での活動も見据え、オリジナルグッズなども販売していく。

舞台「鉄コン筋クリート」開幕、乃木坂46若月佑美&三戸なつめが宝町で大暴れ

 

1993年から94年にかけて「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載され、2006年にアニメ映画化された、松本大洋による同名マンガの舞台化作品。懐かしさと危険な空気が混在する宝町の路上で暮らす2人の少年クロとシロは、親を持たず、暴力によって生活費を稼いでいた。ある日、町には海外ギャングが計画した“子供の城”というレジャー施設が誕生する。開発により様変わりしていく町の景色に違和感を覚えるシロとクロ。やがて2人を取り巻く刑事やホームレス、ギャング、再開発に抗うヤクザたちの思惑がぶつかり合い……。なお舞台版では、脚本を畑雅文、演出を松崎史也が担当する。

囲み取材にはクロ役の若月佑美(乃木坂46)、シロ役の三戸なつめ、演出の松崎が登壇。開幕を前に若月は「すごく大好きな作品でしたし、自分が乃木坂46として出演する最後の舞台ということで、ここに1つ賭けようと思ってやってきました。正直すごく緊張しいなので何回も腹痛の薬を飲みましたけれど、がんばりたいと思います」と意気込みを語る。一方の三戸は「今はすごく楽しみでニヤニヤしちゃいます。早くみんなで作り上げたものを観てほしいなと思います」と心境を述べた。

少年役を演じるにあたり、若月は「性別を超えられる日が来るとは。少年という“場所”が女性と男性の狭間なのかなと思っていたので、女子としての“場所”がいいところに働けば」とコメント。三戸も「男の子の役をやるって聞いたときになんの違和感もなくて、『できるかも』って。シロが大好きだし、やりたいなと思いました」と回想する。クロとシロのキャスティングについて松崎は「背格好や声の質感的に、普通に男の子がやるよりも、大人の役者で周りを固めて、(クロとシロを)女の子がやったほうがいいなと思っていました」と狙いを明かし、若月と三戸については「コンセプトや当初の予定を大幅に超えて、クロとシロを見事に演じてくれています」と賛辞の言葉を贈る。また若月は「稽古をしていくうちに、“宝町がそこにある”と感じることができました」と自信をのぞかせ、三戸も「自分たちなりの『鉄コン筋クリート』を作ってきた自信があります」と手応えを語った。

11月30日をもって乃木坂46を卒業する若月は、グループのメンバーとして出演する舞台作品としては本作が最後となる。「千秋楽から卒業まで5日間しかないので、実感がわかないんだろうなと。自分が卒業してからやりたいことがお芝居なので、最後の最後のギリギリまで乃木坂46のメンバーとして舞台ができたことに、未来が少し見えたなと感じてうれしく思います」と感慨深げ。また現在、舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~」に出演している元乃木坂46の生駒里奈のことに触れ、「お互いの舞台が発表されたときから『時期一緒じゃん! がんばるしかないね』って連絡を取り合いました。生駒ちゃんは『休演日に行きます』とLINEをくれたのでそれを楽しみにしています」と語った。

最後に若月は本作のオススメポイントについて、1つ目は舞台セットだと言い、「ユーモアにあふれていてカッコよくて、ただ座ってセットを観ているだけでも面白い。私は劇場に来て圧倒されたので、そこを観てほしい」と述べる。2つ目に「クロとシロの関係性」を挙げ、「マンガとかアニメとか、もちろん正解はあるかもしれない。でも舞台ならではの関係性とか物語があるので注目してほしいです」とアピール。そして3つ目は「世界観」だと話し、「素晴らしいキャストの皆様が世界観を作り上げてくださって、“宝町がそこにある”と思っていただけるくらいになりました。とても面白い物語になっておりますので、ぜひ劇場に足を運んでくださったらうれしいです」と取材を締めくくった。

またこのたび、本公演が12月8日21:30からTBSチャンネル2にて放送されることが決定。さらに、本作のDVDが来年2019年4月上旬にリリースされることも発表された。詳細は公式サイト、Twitterの公式アカウントで確認を。

舞台「鉄コン筋クリート」
2018年11月18日(日)~25日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:松本大洋「鉄コン筋クリート」(小学館ビッグスピリッツコミックス)
脚本:畑雅文
演出:松崎史也

キャスト
クロ:若月佑美(乃木坂46)
シロ:三戸なつめ
蛇:谷口賢志
組長:我善導
チョコラ:船木政秀
バニラ:橘輝
福助:加藤靖久
虎:新田健太
藤村:コング桑田
沢田:玉置玲央
安達:山下征志
大田:書川勇輝
朱美:新原美波
朝:齋藤久美子
夜:木原実優
源六:花王おさむ
木村:窪塚俊介
鈴木:中西良太
(c)松本大洋/小学館 (c)2018舞台「鉄コン筋クリート」製作委員会

おすすめ
記事がありません