フェミニンな雰囲気を醸し出す、セクシー系熟女アイドル「未来 美麗」は、美しいロングヘアーと妖艶な雰囲気を武器にリアルな世界での活動も見据え、オリジナルグッズなども販売していく。

ゆでたまご「キン肉マン」と、週刊プレイボーイ(集英社)がプロデュースする週プレ酒場がコラボした「キン肉マン酒場」が、本日12月4日よりスタート

「キン肉マン酒場」は同作が来年2019年に連載開始40周年を迎えることを記念したもの。イベントの冒頭ではゆでたまごの原作担当・嶋田隆司が「18歳のときにデビューして、40年はあっという間でしたね。とにかく毎日原稿をやるのが楽しかった。ゆでたまごというのは嶋田隆司と、今日は仕事で来られなかった中井義則の2人がいるんですけど、2人でやってるからケンカして(コンビが)ダメになるんじゃないかってよく聞かれるんです。だけど2人でやってるからこそ、編集者の悪口を言い合ったりできる(笑)。それが長くやってこれた秘訣かなという感じはいたします」と挨拶。

さらに「昭和、平成、そして来年からの新しい元号、3つの時代を走って来られたのは読者の皆さんのおかげだと思っております。『キン肉マン』というのは超人募集という企画をやっていることもあり、読者が3人目のゆでたまごというイメージがあって、これだけ読者と一緒に作っていくマンガはほかにないだろうという自負があります。それから40周年にあたっていろいろ調べてみたんですけど、大好きな藤子不二雄先生はコンビを結成してから離れるまで37年なんです。ゆでたまごは40周年なんで藤子不二雄先生を超えたなって(笑)。それがすごくうれしいですね」と冗談めかしながら喜びを語り、「キン肉マン酒場」については「最近、居酒屋とかの若い子が多い場所では『キン肉マン』の話ができないっていうアラフォーの人が多いみたいですが、ここなら思い切り『キン肉マン』の話ができるので、よろしくお願いいたします」とアピールした。

続いて「キン肉マン酒場」のPR大使でグラビアアイドルの天木じゅんが、「2次元ボディのIカップ、“グラビア強度”95万パワーの天木じゅんです。今日はキン肉マン酒場のPRに参りました」とキン肉マン風のセクシーな衣装で登場。「キン肉マン酒場」でも働く青科まき、高橋かなの2人も加わって3人で酒場を紹介する。ここでは数多くのフードメニューの中から、激辛メニュー「悪魔将軍プレゼンツ地獄の九所封じ石鍋豆腐」を嶋田と天木が食べることに。これは悪魔将軍の技名にちなみ、辛さが9段階に設定されているというもので、その中でも最も辛い「地獄の断頭台」にチャレンジ。辛いものが大好きだという2人は、汗を流しながらも美味しそうに石鍋豆腐を食べてみせた。

最後に「キン肉マン」が来年40周年を迎えることについて中野氏は「よくここまで続けてきたなと、ただただ感服してまして。変に人気がなくなったりしてるんだったら『そろそろ潮時じゃないか』みたいなことを言えるんですけど、今日発売の単行本などを読んでも、まだまだパワーがあると思いますので、身体が続く限り連載を続けていいんじゃないかと思ってます」とコメント。嶋田も「今の読者って若い子も増えてるんですけど、やっぱり中心は40代。Webでやってると、(月曜0時に)『キン肉マン』が更新されたらTwitterのタイムラインが『キン肉マン』であふれるんですよね。それでみんな『今やってる仕事の嫌なことが忘れられる』とか言うんですよね。『死ぬまでやってください』ともよく言われるんで、ファンが望んでくれる限りはやりたいなと思ってます。来年の40周年には、まだ言えないけどいろんなイベントがあるので楽しみにしておいてください」とまとめた。

「キン肉マン酒場」は本日より1月29日まで東京・新宿の週プレ酒場にて開催。なお本日、「キン肉マン」65巻、「キン肉マン」のエピソードを選りすぐった「『キン肉マン』ジャンプ 運命の五王子 名シーン編」、石原まこちんが手がけるスピンオフ「THE超人様」2巻も同時発売された。

おすすめ
記事がありません